おうちカフェ 簡単!ハンドドリップでコーヒーの淹れ方

ペーパーフィルターでコーヒーを淹れるコツ

みなさんはどんな方法でコーヒーを淹れていますか?
LAJAcoffeeスタッフのMです。
コーヒーの淹れ方には、いくつもの種類があります。私は最近もっぱらペーパーフィルターを使い、ハンドドリップで淹れています。サイフォンの外見に惹かれて購入したものの味に満足がいかず、また、ネルドリップで淹れていた時期もありましたが・・・ズボラな性格が災いして、ネルをダメにしてしまうこと数回。そんなわけでお手軽にペーパーフィルターを使用しています。

そんな私のコーヒーの、簡単だけどおいしい淹れ方をご紹介します。かなり簡略化してますのでご参考までに。
ご自分が美味しいと感じる淹れ方が一番です。

 

1.ペーパーをセットする

コツは、お使いのドリッパーに「ぴたりとフィットするように折る」ことです。
台形のドリッパー、円錐形のドリッパーと、大きく分けて2種類が普及していますね。
どちらも同じです。
ドリッパーに隙間なく、浮き上がることなく、ぴったりとペーパーフィルターをセットできるように折りましょう。

そのため、ドリッパーのメーカーと同じペーパーフィルターを使用することをおすすめします。
同じメーカーだと、ペーパーフィルターの材質とドリッパーの掛け合わせも最適に考えられているので、安心ですね。

円錐フィルターの場合は、円錐の先端のはみ出た部分を織り込みます。

台形フィルターの場合は、横と縦を折った後、底になる部分の角を指でづぶします。こうするとフィルターに沿う形をキープしやすくなりおすすめです。
 
 

2. お湯の温度

お湯の温度は沸騰したてのお湯より、90℃以下の方がおいしく淹れられると思います。90℃以上だと、苦みが前面に押し出されます。酸味と甘みを引き出すには90℃以下が良いと思います。かつて美味しすぎて衝撃をうけた表参道の「大坊珈琲店」さんは、80℃で淹れていたそうです。猫舌の私にはありがたい温度ですが、「もし熱いコーヒーが飲みたければ温め直します」というような内容の張り紙が店内にあったことを覚えています。ぬるめのお湯であることが、美味しいコーヒーを淹れるのに大切なんだなぁ、としみじみ感じました。

お湯の温度管理は慣れてしまえば面倒と感じないので、ここは温度計を使用することをおすすめします。

ラジャコーヒーの焙煎所では、「ウォーターワン」というサーバーを愛用しています。便利すぎて自宅にも導入しました。
防災対策の水の備えもか兼ねて導入していますが、夏は冷たい水が有難く、すぐにお湯も出て、めちゃくちゃ便利です。
水を買って運ぶのは重くて大変なので、毎月送料無料で届くのも助かります。
興味のある方は調べてみてください。

約83℃のお湯が出るので、ドリップバッグを淹れるのにちょうどいいのですが(ズボラですみません^^;)冬など室温が低くポットにお湯を移してハンドドリップで淹れる際は、特に温度に気を付けたいですね。
私はウォーターワンからお湯をポットに移し、更に加熱します。

ウォーターワンはとても便利です

写真はウォーターワン。
白黒写真にしたらなんだかカッコよくなりました。意味はありません自己満です。
あまり神経質にはかる必要もないかも知れませんが、温度が高すぎるとせっかくのコーヒー豆の個性が引き出せないので、やっぱりある程度計った方が良いと思います。


長年愛用のポットです。
コーヒーを淹れる道具にもしこだわるのであれば、先の細くなっていてお湯がザパーっと出ないポットがおすすめです。
 
 

3.蒸らす

ペーパーフィルターに淹れたい杯数分計って粉を入れます。私の場合、マグカップで1杯(約300ml)当たり25gが目安です。ここは個人の好みだと思いますので、お好きなグラムでOKです。
コーヒー粉とお湯の分量の関係は、何度も試してご自分の好みを探してみてください。
ちなみに大仁田店長は、あっさりとしたコーヒーが好きなようで、マグカップ1杯当たり15gで淹れているようです。

さて、ここで大切なのは「蒸らし」です。
コーヒーの粉が全体的にしめって、ぽたぽたっとサーバーに数滴落ちるくらい、お湯を注ぎます。


これくらいサーバーに落ちると、全体的にコーヒー粉が湿っている状態だと言えます。

蒸らす時間は40秒ほどがおすすめです。
ところで40秒って、結構長いものです(←せっかちですね)
ここでおすすめなのが、キッチンタイマーです。

はい、100均で売ってます。めちゃくちゃ便利なお手軽アイテムです。これがあれば、安心です。
 
 

4. 淹れる

イメージなんですが、

淹れるコーヒーの3分の1をじっくり落とす→残り3分の2は速度を上げて淹れる

を心がけると美味しく淹れられます。
時間と湯量を計り正確に淹れる専門店のような淹れ方は、人に出すときはできてもおうちカフェ、特に自分用では億劫なものです(私だけでしょうか^^;)。
コーヒーの旨味を引き出すため、3分の1は静かにお湯を注ぎ膨らんだ泡をつぶさないように淹れます。
ぽたぽたっと、そうっと垂らすイメージです。ぐるぐるむやみに回し入れなくていいです。

残り3分の2は、雑味も抽出されやすくなりますので、初めより落とすお湯の速度を上げるようにします。
 
 

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?
簡単にハンドドリップでコーヒーを淹れる際のコツをお伝えしました。

毎回同じ濃度、同じ味に淹れる専門店とは違い、おうちで自分用に淹れるときのちょっとしたコツですが、温度と蒸らし時間を気を付けるだけでも、コーヒーのおいしさを引き出せます。
マシンでいれるよりぐっと美味しくなる(はず)です。

私にとってコーヒーは癒しであり、生活の一部です。
コーヒー豆をミルで挽いているときの音。
挽きたてのコーヒーの粉の香り。
お湯を注ぐときの泡のふくらみ。

コーヒーを淹れる器具は、オシャレなものから廉価なものまでたくさん販売されています。
ご自身がおいしくコーヒーを楽しめるものを選ぶのが一番いいと思います。

ハンドドリップにトライするきっかけになれば幸いです。